ABメソッド

学習塾・教室へ導入のメリット

視覚・聴覚から刺激を与え授業にアクセント
 1日5~10分で能力アップ

小学校低学年からゲーム感覚で学習
 集中力・思考力・発想力 が身につく

教科学習の素材で構成、知識を深める
 学習の基礎作り

ABメソッドで学習効果をあげる活用例

教科学習の前に集中力を

活用例

授業の合間のアクセントとして

活用例

教材の紹介

ABメソッドは、直接学習にも役立つ素材で構成されているので、子どもたちは遊びのように楽しみながら知識を深め、学習のスキルを磨くことが出来ます。

スピード暗記

スピード暗記

「漢字編」「地図編」「英単語編」の3つがあり、フラッシュカードの要領で、たくさんの内容をリズムよく速く覚えられます。
画面に表示されたら、続けて声を出して追っていきます。右脳の記憶力を活性化させるだけでなく、映像的にとらえることで右脳も活性に働きます。

スピード計算

スピード計算

画面上で色々な計算スタイルを「速く」「正確に」連続して計算してきます。画面に計算式などが表示されますので、電車が風船を割ってしまう7秒間の間に素早く答えの「数字」と「Enter」キーを押します。計算力がアップするだけでなく、集中力も高まり、根気や注意力も養われます。

イメージ記憶

イメージ記憶 イメージ記憶

画面上で表示されるイメージを瞬間記憶します。四択・並べ替え・消えたのは?・まちがい探し・動体視力・順番記憶のジャンルがあり、それぞれに特徴あるイメージトレーニングが出来ます。一瞬見たものが残像になって残る「残像記憶」が出来るようになると、記憶力が飛躍的に増大します。

ヒアリング古典

ヒアリング古典

古典の名文が速度を変えて聞くことができます。正確に意味が分からなくても、古典のリズムや日本語が耳に残って、知らず知らずのうちに身につきます。昔の子どもたちがいろいろなものをそらんじて覚えたように、頭が柔らかいうちに古典に親しむことは、脳を発達させる上でも大変に有効です。

シャドウイング

シャドウイング

シャドウイングとは同時通訳の訓練にも使われる手段で、「流れてくる音声を追いかけて発音していく」つまり、聞くことと話すことを同時に行う訓練です。脳の中では「聞くための部分」と「話すための部分」が同時に働くこととなり、高度に脳が活性化されます。

おうちの方の声

集中力が以前より向上してきた

板書を書き写すスピードが
速くなり、授業について
いけるようになった


速く・正確に・粘り強く
問題に取り組む姿勢が
身についてきた

日常会話の理解力が高まっている

  • 教材体験会
  • 資料請求
  • 電話番号
ページトップへ