WakuWakuBookWorld

WakuWakuBookWorld の特徴

1

耳で聴きながら英語を読む

学力をアップさせるポイント
ネイティブの発音で収録された音声を聞きながら、テキストの英文を読みます。英文の名作や物語を目と耳で読むことで、楽しく英語を習得していきます。
2

リスニング力・長文読解力を強化

自立学習型指導の仕組み
英語の物語を何度も聞くことで、単語→熟語→フレーズが、自然に身につきます。英文を追いかけながらリスニングするので、文法や単語を無理なく習得できます。
3

専任講師不要。無学年・低導入コスト

フランチャイズに加盟しない教室運営
収録されている英語の音声を聞きながら、生徒自らテキストを読むシステムなので、先生は生徒の進捗管理や見守る役割に徹することができます。
4

物語を読みながら楽しく英語を鍛える

組み合わせ自由な教材ラインナップ
世界の名作、日本の童話、そして日本コスモトピアのオリジナル作品と幅広い物語を収録しています。英文は中学英語を意識して制作されているので、物語を楽しみながら、中学英語を身につけることができます。

保護者の方に訴求していただきたいポイント

小学生の保護者の方への訴求ポイント

ネイティブ話者の英語が耳から自然に入るので、確かなリスニング力を身につけることができます。また中学校英語を意識して翻訳しており、英語を得意科目にさせたいとお考えの保護者の方のご要望を満たす学習ツールです。
【保護者が小学英語に期待すること】(※1)
  • ・「英語に対する抵抗感をなくす」92.2%
  • 92.2%
  • ・「英語の音やリズムに触れたり慣れたりする」
  • 92.1%
  • ・「中学校で英語学習がスムーズになる」
  • 75.8%
(※1)
「第1回小学校英語に関する基本調査(保護者調査)報告書」(ベネッセ教育研究開発センター)

中学生の保護者の方への訴求ポイント

高校入試のリスニング問題や長文読解問題の速読と内容把握に特に効果的です。
さらに定期試験や高校入試の文法、正誤問題への対応力もアップします。
グラフ
高校入試英語 過去3年の出題内容分析
旺文社 全国高校入試問題正解2012年 英語より

教材サンプル

The Bamboo Princess
 Long ago, there was an old man and his wife. They were poor and had no children.
They made a living by cutting bamboo and using it to make baskets and plates.
 One day, the old man was cutting some bamboo. He noticed a golden glow in a nearby bamboo trunk. He went over to it and carefully cut the bamboo.
The old man was very surprised to find a tiny baby girl inside the bamboo tree. He carefully lifted her from the bamboo and carried her back to his house. The old man and his wife named her the Bamboo Princess.

1倍速

まずは朗読スピードでお聞きください。
上の英文を目で追いながらお聞きください。

倍速を変えてみよう!

0.8倍速

1.5倍速

2.0倍速

「かぐや姫」日本語訳

 その昔、あるところにおじいさんとおばあさんがおりました。二人は貧しく子どもはおりませんでした。二人は竹を切って、それで籠や皿を作って暮らしていました。

 ある日のこと、おじいさんは竹を切り出していました。すると、近くの竹の筒が金色に光っているのに気がつきました。おじいさんは近づいて、注意深くその竹を切りました。驚いたことに、竹の中には女の赤ちゃんがいたのです。おじいさんは、竹の中からそっと抱き上げて、家に連れて帰りました。おじいさんとおばあさんはこの子をかぐや姫と名付けました。

収録作品一覧 ※一部のみ

Japanese Stories 日本の昔話
  • ・The Bamboo Princess
  • ・The Crane Lady
  • ・One-Inch Boy
  • ・Grandfather Cherry Blossom
  • ・Peach Boy
  • ・Six Jizo Statues
  • ・The Straw MiIlionaire
  • かぐや姫
  • 鶴の恩返し
  • 一寸法師
  • 花咲かじいさん
  • 桃太郎
  • 笠地蔵
  • わらしべ長者   他
桃太郎
World Stories 世界の物語
  • ・Little Red Riding Hood
  • ・Snow White
  • ・The Ugly Duckling
  • ・The Ant and the Grasshopper
  • ・Aladdin
  • ・Hansel and Gretel
  • ・The Three Little Pigs
  • 赤ずきんちゃん
  • 白雪姫
  • みにくいあひるの子
  • アリとキリギリス
  • アラジン
  • ヘンゼルとグレーテル
  • 三匹の子ぶた   他
白雪姫
Original Stories 創作物語
  • ・The Lost Baby Rabbit
  • ・The Egg Girl​
  • ・The Bear Cub Who Never Smiled
  • ・The Flower on the Hillside​
  • ・Bar Code Blues
  • ・Almost Reaching the Stars
  • 迷子の赤ちゃんウサギ
  • エッグ・ガール
  • 笑ったことがない子ぐま
  • 山に咲く花
  • バーコードブルース
  • 星に手が届きそう  他
笑ったことがない子ぐま

学習の進め方(一例)

1

WakuWakuBookWorld では、Web上に自分だけの本棚を作ります

その中から好きなストーリーを選び、英文を聞きながら読書を行います。​テキスト書籍には、日本語訳、キーワード集がついており、文法がわからなくても大丈夫です。
自分の本棚には読書履歴が自動的に管理され、一目で進捗がわかるので、モチベーションも上がり、達成感を味わうことができます。
1

何度も繰り返し英文を聴いてみましょう

少しずつ英語が聞き取れるようになってきたら、速度を上げて、同じストーリーを聴いてみましょう。
また、速い英文のスピードに耳を慣らしておいたあと、ナチュラルスピードに戻すと英語がゆっくりと聞こえるので、単語ひとつひとつも聴きとりやすくなります。
1

英語のリズム・スピードに慣れてきたら、シャドウイングに挑戦してみましょう

シャドウイングとは、同時通訳の訓練にも使われる練習方法で、聞こえた音を追いかけてそのまま話していくことです。聞こえたままの音を、すぐ後に続いて発音してみましょう。英語の抑揚の付け方や間の取り方など、そっくりに真似をしてみてください。
最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、 練習を続けていくと、どんどん長い文章を話せるようになっていきます。話せるということは、聴きとれているということですから、力も大幅にアップしているのが感じられるでしょう。自身の声を録音、再生してみることで、自分の発音を客観的に聴くことができ、自分自身で発音を修正していくことができます。
  • 教材体験会
  • 資料請求
  • 電話番号
ページトップへ